興徳寺の情報交流

>> 住職のひとりごとトップページ

興徳寺の情報交流-住職のひとりごと

第84号(復刊第9号)平成21年お盆


【イラスト 木村久美子さん 】

 念願の(?)竹専用のチェンソーを買いました。
檀家さんの、山の専門家・深沢さん推薦の、プロ用機です。軽くて、さすがによく切れます。
梅雨に入って中断しましたが、ガソリンいっぱいにして山に入り、なくなるまで働くことを日課にしていました。オモチャを与えられた子供のようなもので、時間を忘れてしまいます。

 今、青木組に頼んで、竹林の中腹に横断道路を造っています。
本堂の裏手から軽トラックくらいが入れるようになれば、竹の伐採〜処理〜雑木の植林等の作業が、ずっと楽になるし、子供達も含めてたくさんの人に山の中の雰囲気を気軽に味わっていただけたらと思っています。

 4月の終わり頃、興徳寺に富士税務署の調査が入りました。
初めての経験なので、総てを公開して協力いたしました。

結果からいいますと、会計処理については、若干の見解の相違はあったものの、「よく整理されている」とおほめの言葉をいただきました。
皆様に関係あるものとしては、お布施の封筒の裏に金額を記入してもらうよう指導を受けました。封筒は一定期間保存いたします。

 8月より毎月第4日曜日の夕方4時より『唱題行』を行います。
精神統一の方法として、とても理にかなっていると思うし、私自身は仏さまとひとつになれる、という感じ方をします。
何よりも深い呼吸を覚えると、必ず健康になれます。(お坊さんが健康なのは、 お経を長く唱えることが、呼吸法に適っているからなのだと思います)
どうぞ、一度体験してみてください。

 それでは 夏本番、くれぐれも健康に留意してお過ごしください。
(今回のイラスト、木村久美子さんでした。)