興徳寺の情報交流

>> 住職のひとりごとトップページ

興徳寺の情報交流-住職のひとりごと

第88号(復刊第13号)平成22春お盆


【イラスト 藤本清子さん 】

 2月末より1週間、オーストラリアの長男の結婚式に行かせてもらいました。嫁さんはスコットランドの移住者の娘で、日本とスコットランドからそれぞれに10名くらいづつの親戚の他は、すべて現地の彼らの仲間や友人たち、約150名の披露宴でした。
オーストラリアに住み始めて10年、こういう仲間に支えられて生きているんだナと確認できたことが何よりでした。

 6月20日「興徳寺をきれいにする日」。心配していた雨も上がり、まずまずの作業日和となりました。
初めての行事でしたが女性を含む30数名の参加をいただき、樹木の伐採、草刈、草むしり、本堂の拭き掃除、山の斜面に彼岸花の植え付け等の作業をしていただきました。
今回は特に植木屋さんのアドバイスによる樹木の整理を行いましたが、うっそうとしていた庭がみちがえるほどすっきりといたしました。
軽トラックに何十台分もの運搬はきつい作業でしたが、本当にご苦労様でした。
次回、8月1日は、草刈を主体として、草むしりや片付け等を行う予定です。
今回来てくださった方も来れなかった方も、また女性でもできる仕事がありますので、よろしくお願いいたします。

念願でありました興徳寺のホームページを開設いたしました。
何のことか解らない方、お子さんか、お孫さんに聞いて、見せてもらってください。

 今回のイラストは、住職の幼馴染、神戸市在住のセイコちゃんこと藤本清子さん。同窓会で40年ぶりに再会しました。私の小学校時代のイメージだそうです。『ホッピング』というおもちゃに、得意になっていました。
それでは又。