山寺の
和尚さん日記

花の寺

朝からパラパラと雨、何となくほっとした気分です。

前回のブログを up した頃から 毎日、朝食の片付けが終わると 作業着に着替えて外に出、終日作業をしています。
「おじいさんは 山へ芝刈りに、おばあさんは おうちでお留守番」 と母に 言い残して・・・
竹の子を掘って~茹でる・掘って~茹でる、の繰り返し・・・ 


 
孟宗竹(もうそうだけ)を全部刈り取ると、何年かはこのような細い竹がヒョロヒョロと出てきます。

 こういう竹を始末したり、 池の清掃をしたり・・

最近 池を作って アマゴ(甘子;サケ目の淡水魚)という魚を飼い始めました。

先日 地元の句会の方たちが 吟行に訪れ 曰く 「興徳寺は 仲間内では 『花のお寺』って呼ばれているんですよ~」 
嬉しいですね~ 、
現在の 興徳寺の花を紹介します。

裏山の いたるところに「シャガ」の花

 
 
 
何ケ所か 群生地があり、それは見事です。






「さつき」

樹齢何年なのか?
長いこと手入れもされずに 
ほったらかされて伸び放題?
ここまできてしまうと
剪定もできない、と植木屋さんが・・・
でも この大きさは すごい!
と訪れる人が 皆 言います。
これはこれで・・・





「興徳寺に行ったら いつも花が咲いているよ、」
そんな お寺を目指します。


「朝起きて 雨が降っていると嬉しくなる」 と あるお寺の住職さんが言っておられました。 
連日の草取りから 解放されるからだそう、大きなお寺の偉いお坊さんが 急に身近に感じられました。 
GWともまったく無縁の世界です。 溜まりに溜まった 書類整備などに専念します。

0