山寺の
和尚さん日記

お正月は いいもんだ

「お正月は いいもんだ、 いくつになっても いいもんだ」 
亡き父が好んで使っていた この言葉を 正月が 来るたびに 思い出します。 
「なんとなく 今年はよいこと 
 あるごとし 元日の朝 
 晴れて風なし   啄木」
 
これも 私の好きな句。
お正月は 誰もが 幸せになれる日ですね。
           平成23年の 「初日の出」



 
元日の朝の富士山

お正月って 本当に いいもんだなぁ~ って思います。
さて 昨日は 興徳寺の 『元旦会(がんたんえ)』
10時より 法要


10時40分より 住職の法話、
毎年、日本昔話より お話をひとつ。 
今年は 「節分の鬼」 というお話をしました。
おかみさんと 一人息子に先立たれ 「早く迎えに来てくれや~・・・」と 毎日 お墓でお願いをしていた おじいさん。
福の神にも とっくに見放されたと 節分の夜 わざとあべこべに 「福は外~ 鬼は内~」と やったら 何と 節分で追われた鬼どもが 集まってきて・・・ 呑めや 歌えの 大宴会、 
おじいさんも すっかり嬉しくなって 踊りだす・・・
春になって お墓の前で・・・ 
「おらぁ もう少し長生きすることにしただ~ 来年の節分も 鬼たちば 呼ばねばならねぇ~ そう約束したでな~」
そういって 晴れ晴れした顔で 山を下りていったとさ・・・

「死にたい」といって死ねるものでもない、「死にたくない」といっても そうはいかない。
遠い先のことなど 誰にも分からないのです
来年までは! と楽しい目標を作って 一年一年を 積み重ねてゆきましょう、 と結びました。
 
ハーモニカ を吹いたり 下手な 書初め を披露したりと あの手この手の ワンマンショー(?)

住職からの 「お年玉」 は 特注の 紅白餡入り落雁、 

外では 「甘酒」 と 「お汁粉」 ・・・
  
富士山も きれいで いい お正月でした。



これが 終わって やっと 私の お正月です。

0