山寺の
和尚さん日記

子供ってどうして こんなに元気なのか!?

昨日の「川施餓鬼」 晴天! 猛暑の中、無事、成功裏に終了いたしました。

参加申込者が、前日までで65名でしたが 当日更に10名の飛び入り参加があって 結局75名でした。 それにスタッフが20名、さらに父兄が 約20名と 昨年にも増してにぎやかなイベントとなりました。

 子供たちが続々と集まって来ます。

     とにかく、あまりの暑さに子供たちが 倒れるのでは?とそれだけが心配。
流しソーメン の始まり~






               
                 
それにしても 子供ってどうしてこんなに元気なのか!?


大人気の 「竹名人」 たかしちゃん。


名物、「かき氷・食べ放題!」に ナガ~イ列

                             
 「さあ いらっしゃい! イチゴにレモンにあずきにミルク、抹茶、カルピス、ブルーハワイ すべてミックス OKですよ~」                         
「川施餓鬼法要」
   

「川施餓鬼」とは何か?を説明する。




人形劇団「じゅごん」の公演。「こんじょうるり」という子供たちにはちょっと難解かな?というテーマ。1人5役をこなしながら、45分間、最後までひきつけ、ホロリとさせて幕。 さすがプロ! でした。

クライマックス! 「タイマツ行列」

          






石段に灯された 300基の「竹灯篭」 ゆれる光が幻想的です。

最後まで 一人の事故もなく、 こどもたちは あきれるほど元気で むしろまいったのは大人たちで 皆でつくづくと「やっぱり トシなんだナァ~」。 でも 前回も書きましたが 子供たちを喜ばせる、というただそれだけの目的で これだけの大人が 炎天下に汗を流してくれたこと、ここにもっとも感動しました。 
お寺が 終日子供たちの笑顔と元気な歓声に包まれ、その子供たちが 神妙な顔で 経を読み 見えぬ霊に対し合掌し 香を供える・・・ ほとけ様とひとつになった とても美しいとき、でした。

0