山寺の
和尚さん日記

さわやか 「夏の日」

毎日 スクーターで お経廻りです。 この期間、約2週間は 毎朝7時に家を出て、ひたすら檀家さんを廻り 夕方6時過ぎに 帰ってくるという毎日です。
1昨日は 午後から 雨でした。 お経が終わって お茶をいただいていたら いきなり夕立! 「少し 小ぶりになるまで 待ったら?」と心配してくれる檀家さんに 「イヤ、新しいカッパを試してみたいんで!」と飛び出した。 少々高価ではあったけど、外からの雨は通さず、内側は蒸れないという スグレモノ。 少々派手目に(?) 色は赤。 買ってから なかなか着るチャンスがなかったのです。 
夏の雨は 大人を子供にしてくれる。 長靴を履いた子供が わざと水溜りでバチャバチャさせる あの心境にも似て 何か嬉しくなってしまいました。
そして昨日は 久しぶりにからっと晴れ! 暑いのだけれど 吹く風が気持ちよく、富士山の山肌もくっきり、入道雲とよくマッチしています。 夏はこうでなくっちゃ、と心うきうきの1日でした。

      富士宮市青木の檀家さん、佐野浩さんの庭から 
今日は曇り。 暑くはなく、時折パラパラとシャワーのような雨が降って、これはこれで とってもイイ気持ち。
 夏は 暑くてさわやかで・・・      
       
            
                
軒下のつばめの 巣立ちの日も近い。

0