山寺の
和尚さん日記

嵐去って

今回は 「黒部旅行」の報告のはずでしたが・・・ 檀家さんの 訃報を受け、キャンセル。 黒部は昨年に続き、今回も縁がありませんでした。

台風18号は 6日朝 浜松市に上陸、そのまま静岡県を横切って行きました。 
10時頃 強い風が サッと吹いて、イヨイヨ来たか!と思いきや、すぐに青空が広がって それでオシマイ、でした。 風は 大したことは無かったものの 前日からの強い雨で この近くでも、冠水や法面崩壊などの被害がでました。
この日は夜、静岡市で通夜、通常ですと車で1時間弱の距離ですが、 念のため 3時間前に家を出ました。 何ケ所かの 全面通行止めを迂回しながら やっと東名高速道路のインターまで行ったのですが、以前として閉鎖中。
 静岡市までは 国道1号線、国道52号線、東名高速道路、新東名高速道路と 4つのルートがあるのですが、そのすべてが通行止めだったのです。    嵐が去って6時間が経つというのに インターで見通しを聞いても 全くワカラナイ、を繰り返すのみ。 通夜の開式までに着けないと大変なことになります。 JRも止まったままでしたが ふと思いついて新幹線、 こちらは運転が再開されていました。 大急ぎで新富士駅に駆けつけ、何とか事なきを得ましたが こういう時 現況と再開の見通しについてのインフォメーションが欲しい、とつくづく思いました。



興徳寺では 「アマゴの池」が被害に・・・
①美しかった頃

②大雨で 全体が冠水してしまった

③水が引いたら 池に大きな中洲が残った


池を作るにあたっては 当然 土砂の流入も想定し、そのために 池の手前に 2ケ所、土砂を溜めるための沈殿池を作ったのですが  その2つを埋め尽くし、さらに池に溢れ出た、 その量 ざっと大型ダンプ1台分、 読みが甘かったといえばそれまでですが、とても防ぎようもない量でした。
(池の排水口、普段は1cmほどの水量が・・・)


ホタルの池も水浸し

前もって 土嚢を積んで備えてあったので 土砂で埋もれてしまうことだけは 避けられました。

嬉しかったのは それでも かなりの数のアマゴが生きていてくれたこと。
旅行に行っていたはずの 本日、一日かけて 流入したゴミを片付け、ズタズタに切れてしまったネットを修復しました。
中洲の撤去は 業者に依頼しましたが 元土建屋の目から見ても、底の敷砂利を残して 水中の土砂だけを撤去するなど 簡単な作業ではありません。 まして アマゴを生かしたままとなると・・・ 


とんでもない道楽を始めてしまった、と 思わず笑ってしまいました。
業者さんも あちこちの災害復旧工事に忙しく 当方に来てくれるのはいつのことやら?


父の命日、 お参りをした後、ふと思いついて 母を車イスに乗せて 山の上のお墓まで 押し上げた。
母にとっては 何年ぶりかの墓参。
その夜、この半年間ほど探して出てこなかった大切なもの、もう諦めかけていたものがポンと 出てきた。

「また オヤジに助けられたな~」 と思いました。
 
 

0