山寺の
和尚さん日記

秋の1日

ブログの更新が 遅れてしまいました。 
3日前、やっと時間が とれたので、お寺の会計処理の仕事に 取り掛かったのですが、 パソコン・ソフトのトラブルで・・・




お寺の仕事は、多岐にわたっていて、それに突発的に お葬式が入ったり、来客があったりで、なかなか予定通りに 進みません。
そんな中でも 自分がもっとも興味のあることを 優先させるので、苦手な仕事が ズルズルと遅れてゆきます。会計処理が その最たるもので、7月からストップしていました。 

宗教法人は 基本的に無税です。 
だからこそ、会計処理は きちっとしたものでなければならない、
と 私は考えます。
お預かりした すべての お布施、その他の 収入を 間違いなく 記帳する、
という姿勢が大切だと思います。 
「そんなの当たり前だろう」という声が聞こえそうですが・・・
 
例えば、夏の暑い日、檀家さんのおばあさんが 「ご苦労様です、これでアイスでも買ってください」と 
千円を差し出された。 
これをきちっと寺への収入として 計上し、
所得税を払って 特別給与 として頂く・・・
誰が どのような角度から見ても まったく問題のない 出納簿を作成することが お寺を預かる者の 大切な義務だと心得ています。



で、この会計処理に ある「会計ソフト」を使っているのですが、それが 突然動かなくなってしまった・・・ サポートセンターに連絡をすると、処理の手順を書いた説明書が FAXで送られてきました。
それを見ながら 復帰を試みるのですが、最初の段階で もう分からない、
データを保存して、プログラムを削除して、フォルダを削除して、新たにインストールして、データを復帰する、 と まぁこんなことなのですが・・・

再び サポートセンターへ・・・
「あの~ どうやって 保存したらいいのかと~」 
今までの データを 全部削除してしまうのですから そりゃ慎重にもなります。
向こうはプロで こちらは シロート、 どうにも 話が かみ合わない、
 そのうちに、
「エッ エクスプローラをご存知ない? あらら~」などと言われ、
また 新たにそのあたりの資料も送ってもらって・・
結局のところ、 2日間の悪戦苦闘の結果、復帰せず・・・ 最後に パソコン自体が凍りついたような状態になったところで メーカーのサービスに 電話をしました。
昨日夕方 いつも来てくれる 営業のお兄さんが仕事の途中で寄ってくれて、ちょっと触ったら(本当に触っただけで)パソコンは動き始め、「会計ソフトのことは、門外漢ですが 私が 明日の夕方 またやってみますから それまで触らないでください」と・・・ キャノンの 勝呂君、 いい方ですね~ 

急に 暇になったので お会式に使用する包丁 10本を研いで、それから 義弟の 隆ちゃんと 山のゴミを燃やして、最後に焼き芋を作ったりと・・ 秋の1日を楽しみました。

 隆ちゃん ; 妹、千秋の ダンナさんです。 
          定年退職したので お寺の 外回りの仕事を手伝ってもらっています。 

 
結局のところ プロフェッショナルの 勝呂君がやってみても 結果は私と同じ事・・・
サポートセンターは応対せず、 明日に持ち越しです。

  
秋の風物詩 「焼き芋」、 
  
 私は さつま芋は 好きでないので ほとんど食べませんが
 母は 大好きで とても喜びます。




  今日の 富士山; 頭に笠をかぶったので 明日は雨でしょう・・・

0