山寺の
和尚さん日記

業務用かき氷機 を買ってしまった

そうなんです。 昨日夕刻 配達されました。
事の発端は・・・ 
「川施餓鬼」で使った かき氷シロップ が、余ってしまい、そうだそうだ、と「家庭用かき氷機」を買いに 町に出たのです。・・・ところが、  連日の猛暑で どの店も 完売! やっとのことで見つけた一台を買ってきて、さっそく 試してみたのですが  「ウ~ン???・・・」の連続・・・
シロップのせいか? それともそれとも・・と考えたあげく 達したある結論、「業務用カキ氷機、を買うしかない!」
私が求めていたのは フワツフワの氷、 上から蜜をかけると スッと中にしみて 表面が雪のような純白が残る あのとんがったカキ氷! 家庭用の機械では まず構造的にそれは無理だし、何よりも 氷の質そのものの問題でもあるらしい。 やはり氷屋さんの ブロック氷を カンナの理屈で うす~く スライスして初めてあの ふわふわ氷ができるのです。 
もちろん 昔懐かしい 手回しの機械でもいいのだけれど 来年のイベントのことも考えれば 電動がいいなぁ~ ブロック氷を いつも冷凍庫にストックしておいて、夏に 興徳寺に来てくれた人には 誰にでも オイシイカキ氷をふるまってあげましょう。 そうなったら いちごシロップ、抹茶、小倉 などは手作りで・・・ などと 夢はふくらむばかり・・・ 
とりあえず ネット上で 値段を調べ、シーズンが終われば 「在庫一層処分」の掘り出し物が 出るか? などとあさましい(?)ことも思ったが 猛暑のせいか カキ氷機需要は衰えを見せず、 そのうち お彼岸で私がそれどころではなくなり、やっと一息ついた 3日前に 「今 買おう!」と決めたのです。

「カキ氷機 最新モデル」 と 今まで働いてくれた 「家庭用 カキ氷機」
昨日、配送センター まで機械が届いたことを確認し、 あわてて町に出て 一貫目(3,75キkg)の氷を買って、待ち構えて(?) いるところに 配達されました。 さっそく 作った 「カキ氷」 まさに まさに私の求めていたものでした・・・ 



                             カキ氷の定番 イチゴミルク
昨日の 猛暑にも感謝。 今年の カキ氷 ラストチャンスだったかも知れません。 今日は 雨が降って とても そのフンイキでは ありません。 
オーストラリアに住む長男の嫁が 今、日本に来ていて 今夜は我家に泊まる。 今から、「新富士駅」まで 迎えに行ってきます。

0