山寺の
和尚さん日記

美しき99歳

『興徳寺便り89号』を発行しました。
半径5km位までの檀家さんには バイクで配達し、それ以遠の方には郵送いたしました。 
このHP上の「紙上法話」と「住職のひとりごと」も 更新しましたので そちらの方も ご覧になってください。
さて「紙上法話」は 一遍の詩を紹介し それに仏教的な解釈を試みるというスタイルをとっているのですが、 よい詩との出合いは 私自身が大いに感動させられます。
詩人・柴田トヨさん、現在99歳。 
90歳を過ぎて 詩を書き始め 、98歳で 処女詩集『くじけないで』を出版。 これが「勇気と元気が出る詩集」として ブームとなり、8月3日、出版流通大手「トーハン」の週間ベストセラーで総合1位。 今なお 再販を重ねているそうです。
       化粧
                  柴田トヨ
     倅が小学生の時
     お前の母ちゃん
     きれいだなって
     友達に言われたと
     うれしそうに
     言ったことがあった
     それから丹念に
     九十七の今も
     おつくりをしている
 
     誰かに
     ほめられたくて




人は ほめられる事によって さらに美しくなる。
それにしても 女の人は イイナァ~ って思う。 私が もしも99歳まで 生きていたら 何とほめられるだろう? 「よく生きてますね~」???・・・
生まれ変わったら、 今度は 女の人をやってみます。
明日より 「お彼岸のお経廻り」。 またまた 7時前に寺を出て~ というサラリーマン的毎日が始まります。
*HP、「高瀬幹雄のフォトギャラリー」も更新しました。 友人・ミキオちゃんの作品、「夏の富士山」。
いずれも、興徳寺のすぐ近くで撮ったものです。 どうぞ ご覧になってください。

0