山寺の
和尚さん日記

アマゴとホタル

ほんの思いつきで造ってしまった ”アマゴの池”、 土を掘っただけなので 何かと不備が目立ち 思い切って やり直しました。
檀家の土建屋さんに アイデアだけを伝え、お任せしたのですが、 思っていた以上に立派なものが完成しました。
《before》 4月29日のブログで紹介しました。

《after》

飼っていた アマゴを いったん移転し、水を締め切って 河底を掘り下げて 砂利を敷き詰め、 池の廻りは 丸太で土留をしました。



丸太2本を渡してあっただけの橋も立派になりました。

手前に見えている
細い糸は
アオサギ(鳥)防止用


今、大小合わせて 約200匹の アマゴ が泳いでいます。
 
その美しい容姿から 「渓流の女王」 と呼ばれています。


一方 こちらは ”ホタルの池”

アマゴの池に 夜 水の管理のために訪れると ナント ホタルが飛んでいた・・・
すっかり嬉しくなって 本格的に ホタルを飼ってみることにしました。  アマゴが ホタルの幼虫を食べてしまうため 池は完全に分けなければなりません。 
そして 本日、 ホタルの幼虫のためのエサである カワニナ が届きました。
 
                                                   小さな 巻貝です。
これから コンスタントに 餌をやりながら まずは カワニナを育てます。

 これも ホタルの池、
玄関脇の 暗闇の中にあります。
夜訪れてくださるお客様に ホタルがお出迎え・・・
いいネ~ッ!!
来年になったら ホタルの幼虫を購入し
それから先は コンスタントに 孵化~羽化が
できるのが理想です。
来年の6月、 100匹以上のホタルが 飛び交う様を想像し ワクワクしています。 
「早く 来年になれッ!」


何か ドタバタとしているうちに 7月も半ば、 来週月曜日から お盆の「棚経」が始まります。
 
そして 8月16日が 恒例の 『川施餓鬼』。 お近くに在住で 小さなお子さんがおられる方、是非 お申し込みください。 また お知り合いに お子さんがおられる方にも ご案内いただけたら、と思います。 先日 スタッフの準備ミーティングが開かれましたが、 今年は 流しソーメンの樋を 100名用を一つと、 小さな子どもたちのために 流れのゆるやかな樋も設置することにしました。 

* 梅雨が 明けました。 ジワ~ッ と蒸し暑い日が 続いています。 母が まったく問題なく 元気で過ごしてくれているのが 助かります。
  ある日の会話・・・
「もうそろそろ お暇しても いいね~」
「いや もうちょっと待ってて、 僕が淋しいから・・・」
「だって 何の役にもたっていないじゃん~」
「そんなこと ないよ~  お母ちゃんが 生きていてくれてるだけで それで 充分、 役にたってるよ~」

「そぉ~ そんな風に言ってもらえると 嬉しいネ~ そうだよね~ じゃあ もうちょっと居させてもらうよ~ お願いします」 
なんて 笑いながら ペコンと頭を下げる母、 しみじみと シアワセを感じます。

0