山寺の
和尚さん日記

桜の季節

今年の桜は、何となくまばらな状態で開花してきました。
ほぼ咲き揃ったかなと言える状況で迎えた週末、昨日より雨です。
晴れていたなら多くのカメラマン・見学客でにぎわっていたと思える境内も、誰もいません。
(きょう 3月29日の桜です)




3日前の3月26日、くっきりと空が抜けて富士山がとても美しく、桜は7分咲きですが今年最後になるかもしれないと撮影したものを並べます。

山に植えた桜(エドヒガンザクラ)も6年目で何となくサマになってきた・・・


この木も後10~20年たったら、イイ桜になるでしょう。

かわいらしい新郎・新婦が前撮りに・・・

最近ドローンにはまっている 友人のカメラマンみきおちゃんが、この日撮影してくれた作品です。

桜が全部咲き揃っていないのが残念ですが・・・


(左下が興徳寺、その向こう左が柚野小学校、右が柚野中学校、旧柚野村の1/3くらい)


このベンチ、富士山を見ながら愛を語りたいカップルのために、プレゼント!
翌日(3/27)は霧・・・



雨で散り始めた桜もありますが、まだ開花していない樹もあるので、あと1週間くらいは楽しめると思います。

来週の日曜日、4月5日は『花まつり』、
こういう時期だからこそ、楽しいことをやってみたいと思っていましたが、イベントは中止としました。
これを決めたのは1ケ月も前、今ほどに深刻感もなかったころですが、感染に対する怖れは人によってまったく違うことに気づかされました。
何等かの病を抱えている方、大きな手術の後であったり、透析を受けている方にとって、万が一の恐怖はとても大きなものです。
来て下さる方はそれぞれの判断で決められますが、50名近くのスタッフ全員が楽しくないことはやるべきでない、との判断です。
ですが、ですがです。
楽しいイベントは止めますが、「花まつり」は お釈迦様の誕生を祝い、仏さまのご縁に感謝する日、もっとも重要なのは『法要』です。
それで、弟子・泰潤と 「無観客試合」ならぬ「無参詣者法要」を執り行うこといたします。
世界中の「新型コロナウイルス」の早期終焉を併せて祈ります。
もし、参詣して下さる方がおられましたら

4月5日(日) 12時半より 『花まつり法要』 と 『法話』
その後、少しだけ楽しいことを企画しています。
参詣者には 「甘茶」を用意いたします。 ほのかに甘い、とてもオイシイ飲み物です。

タケノコ林がイノシシに荒らされてさんざんですが、来週頃には期待できることかと思います。(出る量がイノシシの食べる量を上回るであろうとの予想、言ってみればイノシシの食べ残しがいただけるのでは、という期待です)
残った桜見物も兼ねて、お出かけください。

0