山寺の
和尚さん日記

今年も七面山

昨日「七面山」に 登ってきました。
ここ数年来の 誕生日の儀式みたいなもの。

いつもいつも感心するのですが、
山頂までの険しい道のりを、
このように きちっと整備してくれている人が いる、
ということ
もちろん ゴミはひとつも 落ちていません。
標高差1200mを
ただ 黙々と登る・・・
かなりキツイのですが
これが イイ

珍しく 雪はなく
霜柱が 道を押し上げています。

ひたすら 歩いて 約3時間
やっと「和光門」に到着、 さすが にホッとします。
(ガイドブックなどでは4~5時間、 体力の衰えは感じますが まだ そこそこのペースで歩けます)

山頂は マイナス6℃。 
例年は-10度以下ですから とても温かく感じました。
それでも
竜神伝説のある「一の池」はバリバリに凍結、歩く事ができます。
                  「敬慎院本殿」 



 奥に鎮座する「七面大明神」に参拝し この一年の無事経過を感謝し、これからも 仏さまのお役に立たせてください、とお願いしました。

登山道の いたるところに 休憩所があり、 日蓮聖人の言葉が・・・
今回 もっとも印象に残った 言葉、
「蘇生」  
私たちは 今 蘇る・・・
そういう年だと 思います。




 
   伝説の美女 イクミさんが
   庭に咲いた ラベンダーを 持って来てくれた。
   コップに挿して キッチンの窓辺に・・・
   誕生日 と お正月、
   いくつになっても 嬉しい・・・

0