山寺の
和尚さん日記

だいじょうぶ

ヒーリングアート作家 Yumeさんの 原画展の案内をいただき、行ってきました。
場所は 沼津市の [Gallary カサブランカ] です。



                     Yumeさんの作品 kusamandara
  
Yumeさんのことは 『興徳寺便り 第12号』の 「紙上法話」でも取り上げましたが、
ここに再度 紹介させていただきます。

Yumeさん、
 本名 岡澤夢明子(おかざわゆめこ)さん、
裾野市を拠点に活動しているヒーリングアーティスト 、
絵を描き、詩を書き、はたまた自作自演のCDを製作、
展覧会や講演会などで、
日本中を忙しく飛び回っています。
実は 私の幼馴染の同級生。 だから 私は ユメちゃんと 呼んでいるのですが・・・
幼い頃 両親が離婚、興徳寺のすぐ近くの父親の実家に預けられ 小学校4年までを過ごしました。
父親が再婚し 富士宮市の新しい家に引き取られたものの 虐待~自殺未遂をくりかえし、家出・・・ 
その後 結婚して3つ子の母となるも、子供を引き取り離婚・・・ 
 
そんな彼女に 私がいつも勇気づけられたのは、
逆境の中、 手の中にあるものを せいいっぱい使って 明るく生きている姿であり、
彼女の口癖「だいじょうぶ」という言葉でした。  
 
   
   きっと大丈夫
    それは
 だれかが いつも見守っていて
  その中で起きていること
 自分に恥ずかしくないように
    生きていたら
   いつだって
  きっと 大丈夫!
おかざわゆめこ 「だいじょうぶのレシピ」より

久しぶりの ユメちゃんは 相変わらずのエレガントで カメラを持って行かなかったのが ちょっと残念。
彼女の 透き通るような声を聴いていると 魂が 宇宙空間に溶け込んでいくよう・・
近くの方、 是非 訪ねてください。 Gallery カサブランカ http://www4.tokai.or.jp/g-cb

この原画展、 即売もしています。 
彼女の原画は どれも ウン十万円ですが 
この 「だいじょうぶ」 は、 私にも買えました。
さっそく 玄関に 掲げました。
「だいじょうぶ! 」
と いつも思うことが とっても大切、
そのうちに 何が起きても
「だいじょうぶ」 に なります。

今日は 「母の日」
母には 定番のカーネーションとケーキを、
「今日は 何の日? アタシの誕生日?」
「アンタの誕生日は いつ?」
「10月13日」 
「で、今は何月」
「9月」
     いいなぁ~、 ぜんぜん だいじょうぶ ですよ!


0