山寺の
和尚さん日記

銀の雨

朝から 雨が降っています。
若い頃は 雨が降ると、 がっかり、残念、悔しい、悲しい・・・等々 あまり嬉しいイメージは なかったのですが、
今は 雨もいいなぁ~ と思います。




静かで 空気が しっとりとしていて  訪問者もなく 何とも落ち着く時間です。
こういう日は じっくりと机に向かって 貯まっている寺務(お寺の会計処理など)を 片付けようか、とも思ったのですが 雨をイメージした歌などを 何となく口ずさんでいるうちに、急に 雨の写真を撮りたくなって 長靴に特大の傘を差して 外へ・・・

雨に煙る新緑と空の明るい灰色のコンビネーション、 鮮やかな花の色、 心がウキウキしてきます。



雨、そのものを 撮ってみたいと思ったけれど、 これが なかなか・・・






ところで 雨をテーマにした歌って どれくらいあるのだろう? 
私が思い出す曲といえば
井上ひろし;雨に咲く花(小学生だったけど 意味も解らず歌っていた) 
西田佐知子;アカシヤの雨が止む時(アカシヤの雨とは何だ? と思ったけど 西田佐知子には憧れた) 
橋幸夫;雨の中の二人(ちょうど高校に入った頃、雨が降るとよく歌った、 ♪雨が~小粒の真珠なら~ )
和田アキ子;どしゃ降りの雨の中で(鮮烈だった~) 
三善英史;雨(音程がとりにくい歌で スター誕生というオーディション番組で 松田トシさんという審査員が 出演者にいきなり歌わせて困らせていた) 
八代亜紀;雨の慕情(阿久悠さんの 何ともイジラシイ詩、わかるな~と何度つぶやいたことか)等々・・・ 
好みでいえば 
吉田拓郎;たどり着いたらいつも雨降り 
さだまさし;雨やどり 
小室等;雨が空から降れば 
小椋佳;春の雨はやさしいはずなのに 
井上陽水;傘がない
・・・
 そして 
松山千春;銀の雨   
妻が 松山千春の 大ファンで さんざん聴かされた、 次男などは 胎教に使われてしまった・・・  
♪いつの間にか、降りだした雨  窓の外は、銀の雨が降る~ というフレーズが 雨の景色と重なって いつもフラッシュバックされます。





            菜の花 も 終わりです    

0