山寺の
和尚さん日記

星祭(ほしまつり)

昨日は 師匠のお寺 「常境寺」の 年に1度の 『星祭』、 私も お手伝いに行って来ました。
『星祭』とは、
今年一年の 災難を除き 無病息災で 安穏に暮らせますようにと 願いを込めて 七星九曜二十八宿を供養する儀式。
生まれた日によって決まる自分の星 「本命星(ほんみょうじょう)」 とその年々に巡ってくる 「当年星(とうねんじょう)」、 天空の その星の位置関係が その年の運勢に 大きな影響を与えるとされ、 星に降りかかる 大難を小難に 小難を無難にと 運勢の向上を祈願します。
       常境寺本堂 

 本堂内での 「大祈祷会(だいきとうえ)」 に先だって「水行」が行われます。 
若い お坊さんに混じって 私も参加させてもらいます。

「水行肝文(すいぎょうかんもん=水を被る前の祈り)」
ここで 気合を入れます。

  (自分の背中を 初めて見ました)
       寒中に 水を被る!








毎年のことですが
とっても 気持ちのイイ ものです。
若い お坊さんたちには
半分 迷惑な事かもしれませんが
(何かあったら どうしょう? なんて・・・)
この気持ちが 続く限り
続けさせていただきたい・・・
 と思います。
「水行」は 計3回、
最後は 5時半
さすがに 寒かった・・・


          常境寺からの 富士山です

0