山寺の
和尚さん日記

赤いレインスーツ

「お彼岸のお経廻り」5日目。 
台風9号の影響で、朝から土砂降りの雨。 少し躊躇したけど カッパを着てバイクに跨る。 新聞配達さんや 郵便配達さんには 雨だから躊躇(ためら)うなんてコトはない。 自分は まだまだアマイ・・・
実のところ 雨の中、バイクで走るのは とっても楽しい。 寒くなければ シャワーを浴びながら走っているようなもの。 大粒の雨は、カッパの上から パチパチと素肌を叩く・・ 痛いので 速度を緩める・・・ それも又よし。
こんなシーンに合う唄はないかと あれこれ思いをめぐらすのだけど どうもピッタリの唄がない・・・
石原裕次郎 「嵐を呼ぶ男」?・・・ 

カッパの下は坊さんの格好、信じられないでしょうけど・・・
ところで このカッパは 通販で買ったのだけど、いつものバイク用品ショップで、「カッパ」と検索したら「この検索条件に該当する商品はありませんでした」というメッセージが返ってきて 「そんなバカな・・・?」と調べてみたら、今では 「レインスーツ」もしくは 「レインウェア」というのだそうです。
今や ズボンのことをパンツ、チョッキはベスト、ジャンパーはブルゾン、と呼ぶらしい。 時代とともに呼び名も変わる。 コーデュロイなどというから何のことかと思いきや、コール天のことだった・・・ クダラン!と思うけど 言っても仕方がないですね。 でも、この間 どこかのおばさんが 「今は スパゲッティなんて呼ばないのよ、パスタって言うの」 なんて したり顔で言ってたけど、それは違うと思います。
話は、変わって 「富士山ピースフェスティバル」 無事終了! 赤字にもならず、映画のオペレーションもバッチリで、一応、私の責任は果たす事ができて ほっとしました。
映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第七番』 「霊性」というテーマを縦軸に 自発的治癒力の医学博士アンドルー・ワイル、「ツール・ド・フランス」の覇者、グレッグ・レモン、環境教育活動家、高野孝子さんが取り上げられました。 目に見えないものを見、耳に聞こえないものを聴く・・・この映画の見所かな、と思います。 私個人としては、グレッグレモンが息子と2人 日本の山岳地帯を自転車で旅するシーンが、とっても印象深く、お彼岸が 終わったら また自転車に乗ろうと思いました(ロードバイクという自転車を持っています)。 






 
                    (昨日の 富士山、お経廻りの途中で・・・)

0