山寺の
和尚さん日記

慰安旅行

母と妹二人を誘って ゆり園 に行って来ました。
袋井市 “可睡(かすい)ゆりの園” 
距離にして110km、 3万坪に150種のゆり、との宣伝文句に 花好きの母を1度連れて行きたい、と思っておりました。 



まず目に飛び込んできたのが 広大な敷地に 黄色いゆり一色・・・

もともとが どういう土地であったか知りませんが、 球根を一個づつ植えたのでしょう、 よくぞ! と思いました。

草刈り機で 百合と百合の間の草を刈っていました。 狭い空間を 百合を切らずに 草だけを刈る、というのも大変な作業です。


平日なのに かなりの観光客が・・・





 
母も ご満悦の様子、 何よりでした。


 「笑って~」 というと バカ笑いしてくれるところが すごい!


転んでから 一時 食欲不振が続いていましたが 完全に復帰しました。 
機会あるごとに 連れ出してやろう、と思います。
また 日頃 世話になっている 妹たちにも よい慰安旅行になりました。


『富士山ピース&アートフェスティバル』
今年の 『富士山ピース&アートフェスティバル』 は 6月25日~26日です。



40年前、私の村に移り住み 『和紙工房』を設立した 手漉き和紙職人 内藤恒雄さんと 民俗学者 八木洋行(やぎようこう)さんの 対談があります。

内藤さんの 工房にて・・・

東京の お寺の息子として生まれた 内藤さんが 手漉き和紙の 魅力に惹かれ、 その道を ひたすらに歩んできた、 
その仕事がきっちりと評価され、 今年も ドイツにて ワークショップが開かれるそうです。
お近くの方、 是非 ご参加ください!!

0