山寺の
和尚さん日記

89歳

10月13日は 母、 芳枝さんの誕生日でした。
例年、家で ケーキを食べていたのですが  昨年、 ちょっとオシャレなお店で 食事をしてみました。
楽しんでもらえるか、あるいは最後まで保ってくれるだろうか、などと一抹の不安もあったのですが、終わってみればすべてが うまくいって、
母が 元気なうちは ここで 誕生日を、と 決めました。
 
富士市の 「ふじ万」、 予約のみの隠れ家的な名店で、料理がとっても洗練されていて、何よりも静かで 落ち着いた雰囲気が とってもイイ。

この日のメインは マツタケ と かます、
 
 




バースデーケーキのろうそくは 四捨五入(?)して 9本。

 
何とか 自分の息で消すことが できました。


また この日を迎えられたこと、本当に嬉しく思います。 
気がつけば お店で 3時間が経過していました。
 
母は疲れた様子もなく、よく食べ、お酒も「おいし~い!」と言って 少しだけ飲み、
家まで車で40分かかるのですが、眠ってしまうでもなく、
到着したら 「今日は楽しかった~ ありがとう、 長生きしてヨカッタよ~」 と・・・ 

朝、冷蔵庫のドアに貼り付けたボードに書いておいたのですが、 見るたびに ニコニコしながら 「え~ツ アタシの誕生日~? 知らなかったよ~」 「おめでとうございま~す」 と何度 繰り返したことか・・・
   
最近 入手した 母が小学校に入学した時の 国語の教科書の 復刻版、
「サイタ サイタ サクラガ サイタ」 で 始まり 「コイ コイ シロ コイ、 ススメ ススメ ヘイタイ ススメ」 と続きます。
最後は 桃太郎 のお話なのですが・・・ 旧仮名遣いで 読むのも ちょっと大変、

でも 母は 驚くほど スラスラと読みます。  
ページを繰る私がモタモタしても 見越して次のページに進んでしまうくらい・・・

「本当に この人、認知?」 。 
いつもニコニコ笑っていて 欲もなく、何の不安もない。 会う人 皆を 「ハッピイ!」にしてくれる・・・

                   芳枝さん!  89歳になりました。
10月11日 富士山 初冠雪


           
明日から 檀家さんと一緒に 千葉まで 『団参』(団体で お寺にお参りすること) です。

0