山寺の
和尚さん日記

今年の「花まつり」

寒い日が 続いています。 
今朝も 本堂は 1℃ 。 それでも 春は 確実は やってきているみたいです。

今年の 「花まつり」の実行委員会が 開かれました。
気のおけない仲間たちが ワイワイガヤガヤと とめどもない話に花が咲き、あらぬ方向に話が弾みます。 
こういう時に 話をきちっと本題に戻してくれるのが ミキオちゃん、 
「そろそろ どお?」 と やんわり・きびしく リードしてくれます。
以下、おおまかな プログラムです。
第4回 興徳寺花まつり  4月3日(
プログラム
14:00 ~ 法要 と 法話
15:00 ~ 「書のパフォーマンス」 書家・木村華鴨(かちょう)さんが 石段に敷いた長さ50mの紙に 一気に書き下ろします。 今年は 「菜の花畠に入日薄れ~  朧月夜」だそう・・・
この長さは ひょっとして ギネス? 尺八の即興伴奏とともに、
書き終えたら キーボードのリードで、観客全員で この唱歌を 合唱しましょうと・・・
15:20 ~ 琴 と 尺八 の演奏を桜の木の下の特設ステージで。
15:40 ~ お芝居; 劇団「うふふ」 この日のために結成された劇団公演。
      実行委員の最年少、原 郁美さんの構成による 日本昔話 「おむすびまてまて」
16:00 ~ The フォークダンス・タイム; ムカシ懐かしい オクラホマミクサ・コロプチカ・マイムマイム 等々を ムカシの若者と 今の若者が 広場で踊り狂うという 新企画! 初心者・未経験者への指導は、タイゼンが・・・?
16:20 ~ *フォークデユオ『ハル』のコンサート
17:00 ~ 「剣舞」;かがり火と桜のライトアップとともに・・・
その他
  ・売店は、富士宮焼きそば、焼き鳥、アマゴの塩焼き、鯛焼き、綿菓子、豚汁 等々
  ・野点(抹茶の無料サービス)
  ・日本酒、甘茶の無料サービス 等

今年は スタジャン(スタッフジャンパー)を準備することにしました。 色は 桜に合わせて ピンク、 私自身は それを着るのはちょっと恥ずかしい、という思いがありますが、メンバーに簡単に押し切られ、「ショッキング・ピンクを!」に対して「せめて淡いピンクで・・・」と言うのがやっとでした。
フォークデュオ 『ハル』のこと
南米音楽をベースにした オリジナル曲で 福岡を中心に幅広い演奏活動を続けています。

私は、今から30年以上も前(1989)ブラジルに音楽の勉強に来ていた彼らと知り合いました。
1994年より  南米コンサートツアーで 毎年のように ブラジルを訪問してくれたので、コンサートのお世話をさせてもらったり、レコーデイングに立ち会ったり、飲みに行ったり、と ずっとお友達付き合いをさせてもらっています。 
興徳寺に帰ってきた時、 「桜の木の下の特設ステージで ハルのコンサートを開きたいなあ~」と思っていたのですが、昨年 実現しました。
まさに 感無量!でした。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~HaruGoGo/HARU/Home.html
歌と 楽器演奏(ギター、ケーナという南米の笛、フルート、太鼓など) 軽妙なおしゃべり、と とっても楽しいステージです。 
一人でも 多くの方に 見ていただきたく 心より ご案内申し上げます。



      ブラジル・サンパウロ州政府の招聘により サンパウロ州立交響楽団と。 
      ブラジル日本移民100周年のブラジル側企画、日本人歌手としては 唯一、初めて



        今朝の富士山。 このところ積雪があり、裾野まで 真っ白。
多くの方より 膝のことを心配していただき ありがとうございます。 正座用補助具を ほとんどばれないような 早業で(?)忍び込ませ 元気で 檀家さんを廻っています。 正常な時を100とすれば 今は70%くらいでしょうか? お彼岸が終わったら 検査に行ってみます。
それから 前回 お尋ねした 花の名前について 何人かから お返事をいただきました。
「馬酔木(あせび)」だそうです。 地元の方に確認しました。 改めて、 自分は本当に 花の名前を 知らない、 と思いました。 「すみれ」という花が 特定できたのが つい最近のことなのです。
 これからは 少しでも多くの 花と木の名前を 覚えたいです。

0